人民网首页人民網ホームページ

習近平総書記「小康社会の全面的完成、そして社会主義近代化国家の全面的建設へ」

世界は中国のサクセスストーリーの解読を切望

 中国共産党第19回全国代表大会に、世界中のメディアの注目度が高まり続けている。大会を通じて中国を解読することが、世界のメディアの一致した願望となっている。

党大会で現代化経済体系の構築に初めて言及 何のシグナル?

中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)が18日に北京で開幕した。未来の中国の発展の青写真を描くこの会議で、習近平総書記は中国の主な社会的矛盾がすでに変化したことを初めて明確に述べるとともに、現代化経済体系の構築を打ち出した。ウォッチャーは取材に対し、「これは未来の中国経済発展におけるさまざまなシグナルを発している」との見方を示す。中国新聞社が伝えた。…

十九大を取材する外国人記者 中国に賛辞の声

中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)は中国の盛会であり、世界の盛会でもある。世界各国のメディアは中国に注目し、多くのメディアが記者を中国に派遣し十九大の取材をする。十九大ニュースセンターの統計によると、十九大を取材するために北京を訪れた国内外の記者は約3068人であり、そのうち、香港、澳門(マカオ)、台湾地区と外国人記者の人数は1818人に達し、十八大と比べて6.7%増となった。さらに、外国人記者は世界の五大州の134ヶ国からきており、十八大と比べてその数は19.6%増えた。…

中国、「ターゲットをしぼった貧困支援」政策で年平均1391万人の貧困人口削減

「2013年から2016年にかけて、中国の現行基準による農村貧困人口は9899万人から4335万人に削減され、年平均1391万人の貧困人口が削減されたことになる」-中国で発行部数最大の新聞「人民日報」は17日、国務院扶貧開発指導チーム弁公室による、過去5年間の貧困支援状況に関する文章を掲載した。…

写真:行列を作り、第19回党大会記念切手を買い求める市民たち(10月18日撮影)。

第19回党大会記念切手販売開始 早朝から行列を作る市民たち 北京

北京市東区の郵政局には18日早朝、中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)の記念切手を買い求めようと、多くの市民が行列を作っていた。切手コレクターの多くは、すでにこのシリーズの記念切手をずっと収集しており、今後も長く保存していくという。…

写真:取材会場の片すみで業務をこなす外国人記者(撮影・劉衛兵)。

第19回党大会開幕、会場の片すみで取材に従事する国内外の記者たち

中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)がこのほど開幕し、中国国内や海外から多くの記者が取材に参加している。…

ロシア語の専門家のMigunova Olga氏。

中国は新時代突入へ 外国人言語専門家9人が第19回党大会報告をチェック

9人の外国人たちが中国共産党第19回全国代表大会報告の翻訳・チェック作業に携わった。…

第19回党大会の代表19人が「党代表通路」に姿を現わす

第一線の党代表らが18日の第19回党大会開幕前に、党大会で初めて用意された「党代表通路」で国内外のメディアの取材を受けた。…

中国が2020年にも、世界の宇宙強国に

中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)代表、中国航天科技集団公司董事長(会長)、党組書記の雷凡培氏は18日に北京で、「中国は2020年までに軌道上を飛行する宇宙機を200基以上とし、年間打ち上げ回数を30回前後とする。EUを抜き、世界宇宙強国水準にほぼ達する」と話した。…

【中日対訳】第19回党大会報告のキーワード

北京市の人民大会堂大ホールで現地時間18日午前9時より開幕した中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)。同日の開幕式では習近平総書記が第18期中央委員会を代表して報告を行った。ここでは報告で言及されたキーワードについて学んでみよう。…

第19回党大会報告の12の注目点 専門家が解説

中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)が本日北京の人民大会堂で盛大に開幕した。習近平総書記が第18期中央委員会を代表して報告を行った。中国共産党中央党校党委員、副教育長兼科研部主任の韓慶祥教授が報告の12の注目点を解説する。…

第18回党大会以来、各分野で挙げた成果

政治・外交分野

経済・社会分野

科学技術・文化分野

写真ニュース