2017年4月18日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

中国の京劇代表団が日本公演 観客たちを魅了

人民網日本語版 2017年04月18日09:39

演目「鎖麟囊」(国家京劇院提供)演目「金銭豹」(国家京劇院提供)演目「太真外伝」(国家京劇院提供)演目を鑑賞する在日本中国大使館の程永華大使と汪婉夫人(撮影:許永新)著名な京劇役者である于魁智さんと李勝素さん(撮影:許永新)
pre
next

中国国家京劇院の代表団は3月10日-4月28日、日本の29都市でツアー公演を行い、計53公演を予定している。中国国家京劇院の代表団は12日、東京で公演を行い、同院の副院長を務める国家一級俳優の于魁智さんや同院の一団団長で、国家一級俳優の李勝素さんらが、他の役者と共に「金銭豹(きんせんひょう)」、「太真外伝(たいしんがいでん)」、「鎖麟囊(さりんのう)」の3作品を上演した。在日本中国大使館の程永華大使と汪婉夫人が48ヶ国の使節と共に上演作品を鑑賞した。人民網が報じた。

公演終了後、人民網の取材に対し、于さんと李さんは、「京劇は中国文化の精華で、歌と踊りで物語を表現するアート。中華民族のアートの中でも最も代表的な劇で、民族の精神や民族の気骨、国に仕え、親を大事にし、他人を慈しむ精神を発揚している。代表団は文化の使者として素晴らしい中国文化を伝え、両国の文化交流、両国の友誼のために日本を訪問した」とその訪日目的を説明した。

また、「日本の観客はとても熱心で、遠い場所でもわざわざ公演を見に来てくれる人もたくさんいる。公演終了後も、多くの観客が裏口に駆け付けて拍手で送ってくれる。また、団員60人一人ひとりにプレゼントを用意してくれている熱心な観客もいる。ほとんどが手作りで、とても感動した」という。

「代表団が公演する劇場は1700人以上収容でき、最大収容人数は2700人。ほとんど毎回満席で、大阪では4日間で8公演行い、計1万5000人を動員した。これは過去最多。日本の観客は京劇をとても愛してくれており、京劇の役者に敬意を示してくれ、代表団みんなが感動を覚えている」。

また、「ある日本人女性によると、夫が北京に出張に行った際に京劇を見て、帰国後に、『必ず一緒に京劇を見に行こう』と言われた。しかし、夫は不幸にもガンで亡くなってしまった。その女性は、今回代表団が日本で公演するというのを聞いて、チケットを二枚買い、夫の写真を横の席に置いて上演作品を鑑賞し、劇団に手紙を書いてくれた。このエピソードに劇団のみんなが感動した」と、感動的なエピソードを語ってくれた。

最後に、京劇が日本でこれほど人気になっている理由に関して、「日本人は元々とても伝統的な価値観を持ち、伝統に敬意を示している。日本人は、日本の伝統文化であっても、外国の伝統文化であっても、深い敬意を示す。また、誇張したり、傲慢さからではなく、京劇の奥深さや芸術的特色、表現されている内容にある魅力などが観客たちを感動させているという点だ。もう一つ注目すべき点は、梅蘭芳や李少春、袁世海などの大御所の名優の精神が代々受け継がれ、日本との文化交流が途切れることなく続いてきたこと。李少春が上演した『三岔口』や『鬧天宮』の映像は日本人が撮影したもの。先輩の名優たちが中国と日本、世界の文化交流、民間の友好のために、必死に努力し、たくさんのことをして良い基礎を作ってくれた」と語った。

中国国家京劇院の代表団は今回、一般財団法人・日本民主音楽協会の招きで日本を訪問して公演している。同協会は、創価学会の名誉会長・池田大作氏が1963年に創設した、日本で最も代表的な音楽文化団体の一つだ。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年4月18日

人民網日本語版LINE公式アカウント開設人民網日本語版LINE公式アカウント開設

関連記事

图片列表

コメント

おすすめ