人民网首页ホームページ

【音声ニュース】中国のモバイルIoT接続数、世界の70%を占める

工業・情報化部がこのほど明らかにしたところによると、中国のモバイルIoT(モノのインターネット)ユーザー数が急増している。2022年末の時点で、IoT接続数は前年末比で4億4700万純増の18億4500万で、世界全体の70%を占めている。…

【音声ニュース】第6回輸入博 企業300社以上が出展契約に調印

「第5回中国国際輸入博覧会発信影響力報告」の発表会並びに第6回中国国際輸入博覧会企業商業展出展契約調印式が9日、上海で行なわれた。 同報告によると、この5年間に輸入博のメディアへの露出回数は100億回以上に上った。…

【音声ニュース】世代交代を迎えた中国のブルーカラー

中国新雇用形態研究センターが27日に発表した「中国ブルーカラー層雇用研究報告(2022年)」によると、ブルーカラー層は今、世代交代の時期を迎えており、40歳以上の占める割合が50%に迫っている。 中国の雇用市場の主要な構成要素としてのブルーカラーの労働者は、第二次産業および第三次産業に従事する労働者を指す。…

【音声ニュース】吸入型コロナワクチンの接種を実施 河北省雄安新区

河北省雄安新区の容西片区賢渓コミュニティ衛生サービスセンターで27日、現地の住民が吸入型の新型コロナウイルスワクチンの接種を受けていた。 情報によると、吸入型新型コロナウイルスワクチンの正式名称は「吸入用組換え新型コロナウイルスワクチン(5型アデノウイルスベクター)」で、鼻吸入と口吸入の2種類がある。…

【音声ニュース】中国ラオス鉄道の自貢—ヴィエンチャン区間の定期貨物列車が開通

中国の四川省自貢市とラオスのヴィエンチャン市を結ぶ中国ラオス鉄道の国際定期貨物列車が12月15日に開通した。同日午前10時45分、同路線の1本目となる列車が、冷蔵庫やエアコン、洗濯機などの家電製品、電動ドリルなどの製品を積載して自貢南駅から出発した。…

【音声ニュース】氷点下40度での寒中水泳チャレンジ

中国で最も寒いと言われている内蒙古自治区根河市ではここ数日、最低気温がすでに氷点下40度を下回っている。そのため、日中でも室外の気温は氷点下30度という寒さになっている。…

【音声ニュース】世界へと旅立つぬいぐるみたち 年末控え輸出ピークに

山東省菏沢市牡丹区のある玩具メーカーではこのところ、工場のスタッフがぬいぐるみの出荷準備に追われている。年末となり、玩具メーカーは繁忙期を迎えており、オーダーが増え始めている。…

【音声ニュース】広州海珠国家湿地公園がIUCNのグリーンリストに登録

国際自然保護連合(IUCN)はこのほど、カナダのモントリオールで、広州海珠国家湿地公園など、中国の11ヶ所の自然保護地がグリーンリストに登録されたことを発表した。 海珠湿地は主に、海珠湖と支流39本で構成されている。…

【音声ニュース】 中国の中古新エネ車、月間オンライン取引量が「3連続上昇」

中国の中古車取引オンラインサービスプラットフォームの研究機関が先ごろ、2022年11月の中古車オンライン取引データに関する報告書を発表した。それによると、この3ヶ月で、中古新エネルギー車のオンライン取引量が「3連続上昇」し、11月の取引成約台数が前年同期比で30%以上増加したという。…

【音声ニュース】黒竜江省松花江のほとりに高さ18メートルの巨大雪だるま

黒竜江省松花江の哈爾浜区間のほとりで、現在着々と巨大雪だるま作りの作業が進められており、その姿を現しつつある。同省哈爾浜市園林当局によると、この巨大雪だるまは幅13メートル、奥行き10メートル、高さ18メートルとなっており、2千立方メートルの雪を使用して作られている。…

【音声ニュース】有人宇宙船「神舟15号」と「神舟14号」の乗組員たちが宇宙で集合写真

中国有人宇宙事業弁公室によると、有人宇宙船と宇宙ステーションが自動高速ランデブー・ドッキングを無事成功させた後、有人宇宙船「神舟15号」の乗組員は宇宙船の帰還モジュールから軌道モジュールへと移動した。そして各種準備を終えた後、北京時間2022年11月30日7時33分、この瞬間を待ちに待っていた「神舟14号」の乗組員たちが「玄関」を開き、この「遠方からの仲間」を宇宙ステーション「天宮」へと温かく迎え入れた。…

【音声ニュース】「グリーンなワールドカップ」に貢献する中国の太陽光発電技術

FIFAワールドカップカタール2022が開幕し、全世界のファンの情熱が再びわき上がっている。そのワールドカップで、サッカーコートを照らすライトの光に「中国的要素」が含まれることをご存知だろうか。…

【音声ニュース】カタールのパンダ飼育員が四川方言を猛勉強中!その訳は?

FIFAワールドカップカタール2022が開催中のカタールでは、現地時間11月17日、同国のアルホールパンダ館の一般公開が始まり、ここで今後15年間にわたり暮らすことになるジャイアントパンダの「京京(ジンジン)」と「四海(スーハイ)」が地元の人々と対面を果たした。 関係者によると、この2頭のパンダは、生まれ育った四川省の方言しか理解できないことから、同パンダ館の担当飼育員は、2頭とより良いコミュニケーションをはかるため、現在、四川方言を猛勉強中なのだという。…

【音声ニュース】サッカーW杯関連商品市場におけるメイド・イン・義烏のシェアは約7割

FIFAワールドカップ2022の開幕が近づいている。中東カタールで28日間の日程で計64試合が行われるサッカーの祭典に、中国の要素が別の形で登場することになる。…

【音声ニュース】「名探偵コナン:ハロウィンの花嫁」が11月18日に中国で封切り

外国映画の中国における公開日が最近、次々と発表されている。そのうち、11月に公開されるのは、公開日順に「ハンクの肉球大決戦」、「名探偵コナン:ハロウィンの花嫁」、「ライズ・オブ・ミュータント・タートルズ」、「イリュージョン」、「ザリガニの鳴くところ」となっており、3作品がアニメーション映画となっている。…