2017年4月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

第7回北京国際映画祭の公式イベント「2017北京 ・日本映画週間」を開催

人民網日本語版 2017年04月14日14:08

第7回北京国際映画祭が16日に開幕する。2017年は中日国交正常化45周年にあたり、中日映画イベントも12年目の節目を迎えた。今回の北京国際映画祭では「日本の映画を広める」をテーマとしたイベント「2017北京 ・日本映画週間」が行われ、「家族の日」、「本能寺ホテル」、「ハッピーウエディング」、「グッドモーニングショー」、「四月は君の嘘」、「Please Please Please」という現代の日本社会をさまざまな角度から捉えた人気の高い6作品が上映される。人民網が伝えた。

そのほか、日本の映画界で有名な監督、俳優などがゲストとして同イベントに参加する。参加するのは、「日本映画週間」イベントのオープニング映画「家族の日」の監督の大森青児、主演の伊原剛志、田中美里、「Please Please Please」の監督の堀内博志、主演の佐藤流司、今回「天壇賞」にノミネートされた「カノン」の監督の雑賀俊朗、主演の佐々木希だ。また、岡山県高梁市イメージキャラクターと富山県公式マスコットのきときと君もゆるキャラのゲストとして登場する。

さらに、このほかにも若さとロマンティックあふれるイベント「日中アニメミニライブ」と「日中ロリータファションショー」が行われる。白洋淀慶洋建国嘉楽比度假酒店に22日午後、ロリータファッションで人気の日本人モデルAKIRA、木村優、声優の小原莉子やhieが今回初訪中となるアーティストmotsuとDJ KAYAと共に「日中アニメミニライブ」を行う。また同日夜にはロリータファッションで人気の日本人モデル青木美沙子、木村優、AKIRA、来夢が中国人モデルと共にロリータファションショーを行う予定だ。(編集YK)

「人民網日本語版」2017年4月14日

人民網日本語版LINE公式アカウント開設人民網日本語版LINE公式アカウント開設

関連記事

图片列表

コメント

おすすめ