2017年4月1日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

北京国際映画祭の映画チケット、販売開始わずか15分で興行収入約8千万円  

人民網日本語版 2017年04月01日15:51

16日に開幕する第7回北京国際映画祭のチケットが3月31日正午より販売開始となった。心待ちにしていたファンたちは、販売開始とともにネット上で映画チケット争奪戦を展開した。その売上は、1分間で約100万元(約1600万円)、5分間で約300万元(約4800万円)、15分間で約500元(約8000万円)と鰻のぼりとなった。また、「是枝裕和監督映画」や、「ミケランジェロ・アントニオーニ監督映画」のセットチケットの売上はすでに600万元(約9600万円)を超えており、史上最多の北京国際映画祭興行収入を記録している。銭江晩報が伝えた。

今年の北京国際映画祭では、500部近くの映画作品が上映される。多くがアートフィルムで、北京にある30館の映画館で16日間にわたり上映される。第20回カンヌ国際映画祭において、最高賞のパルム・ドールなどの賞を受賞したミケランジェロ・アントニオーニ監督の「欲望」は、チケット販売開始わずか5分で完売し、同映画祭で最人気作品となった。(編集TK)

「人民網日本語版」2017年4月1日

関連記事

コメント

最新コメント