2017年5月16日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

蚊に刺されやすいタイプと、蚊よけのコツを紹介

人民網日本語版 2017年05月16日10:45

「蚊はなぜ人を刺すのか」と周囲の人に聞いてみると、蚊は女性を好んで刺すという「性別説」、O型の血を好むという「血液型説」、白くなめらかな肌を好むという「肌の良し悪し説」など、さまざまな答えが返ってくるだろう。それでは実際のところ、どのような人が、特に蚊に刺されやすいのだろうか。広州日報が伝えた。

◆CO2排出量が多い人

肺活量が大きい人、肥満、息の荒い人の方が刺されやすい。

◆汗っかき

汗っかきの人は血液中の酸性が強く、蚊にとって魅力的。そのため汗が多い、汗をかきやすい人が刺されやすい。蚊は皮膚のきめが粗く、毛穴の大きい人を好む。なぜならこういう人は汗腺が発達しているか、排出する汗などの分泌物が多いからだ。

◆暗い色の服を着る人

蚊は光を恐れるが、暗すぎるのも嫌がる。最も好むのは、弱い光だ。日中に暗い色の服を着ると、反射する光が弱くなるので、蚊に好まれる。また蚊は体温が高めの人を好むが、暗い色の服は熱を吸収しやすい。これらの要素が重なり、暗い色の服を着ると蚊に刺されやすくなる。

◆化粧を好む人

香水、ヘアミスト、フェイスクリームなどの花の香りのする化粧品を使うと、蚊に刺される可能性が高くなる。多くの化粧品には、蚊を引きつける化学成分が含まれるという。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◆蚊よけのコツ

1.運動後は早めに風呂に入り、肌を清潔に保つ。

2.日常的に活動する場に蚊が多くいるならば、長袖の服を着る。服には汗など肌からの分泌物の匂いを隠し、蚊を引きつけない効果がある。

3.屋外で活動中は、白い服を着る。

4.夏は暑いからといって靴下を脱がない。裸足になると汗の匂いがすぐに広がり、蚊を引きつける。

5.蚊よけスプレーは日焼け止めと同時に使わない。蚊よけスプレーの成分はディートやアルコールで、同時に用いることで蚊よけの効果が弱まり、完全に失われることもある。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年5月16日

人民網日本語版LINE公式アカウント開設人民網日本語版LINE公式アカウント開設

関連記事

图片列表

コメント

最新コメント

おすすめ