2017年3月22日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

朝の太陽と水は必須アイテム、健康のために避けたい朝の習慣5つ

人民網日本語版 2017年03月22日14:47

一日の計は朝にある。しかし、朝寝坊による遅刻や、朝食を食べる時間が無い、渋滞に巻き込まれるなど、毎朝必ずしも良いスタートをできるとは限らない。米国の雑誌で紹介している、朝起きてから避けた方が良い5つの習慣を実行してしまうと、健康を失うリスクを負うことになってしまうかもしれない。生命時報が伝えた。

1.朝の太陽を浴びない

午前中はずっとオフィスに籠りきりで、ランチタイムになるまで外に出ない人が多い。米ノースウェスタン大学フェインバーグ医学院の研究によると、朝の太陽を浴びないと、体格指数(BMI)に影響を及ぼす恐れがある。毎朝、朝の太陽を浴びる人は、午後になってようやく太陽の光を浴びる人に比べ、体格指数がより低く、肥満になりにくい。

2.水を飲まない

米ピッツバーグ大学スポーツ医学センターの研究によると、起床後に水を飲まないと、1日中、体内で水分不足の状態が続く。また、フランスの最新研究報告では、体内で水分が不足すると、人は怒りっぽくなり、判断力が鈍り、疲労を感じやすくなることが分かっている。

3.空腹で運動する

英国の最新研究によると、朝食を取らずに早朝ジョギングや他の運動をすると、1日中、イライラやめまい、頭が重く感じたりする状態が続く可能性がある。運動前に朝食をとる人は、食べない人に比べて、よりてきぱきと物事を処理し、さらに楽しい気分を保つことができる。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント