2019年1月3日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

政治|経済|社会|文化|中日
科学|写真|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

中国の人気ドラマ「延禧攻略」が2月に日本で放送 日本語タイトルが話題に (2)

人民網日本語版 2019年01月03日10:35

日本で放送された中国ドラマを振り返って見ると、「中二病でもありながら、とても熱いものも感じる」日本語タイトルが付けられるというのが一種のスタイルのようになっている。

例えば、「還珠格格」の日本語タイトルは「還珠姫 プリンセスのつくりかた」だった。「姫」という言葉には何の違和感もなく、主人公の小燕子の可愛さが増すタイトルになっている。「金枝欲■(■は薛の下に子)」の日本語タイトルは「紫禁城 華の嵐」だった。日本の視聴者の間で同ドラマは好評を博し、中国版「大奥」と称された。

その他、「歩歩驚心」の日本語タイトルは「宮廷女官 若曦」、「琅▲榜(▲は王へんに邪)」は、「琅▲榜~麒麟の才子、風雲起こす~」だった。また、「宮廷の諍い女」というタイトルで放送された「後宮甄嬛伝」に出てくる名台詞「賤人就是矯情」が「猫かぶってるクソアマ」と翻訳されたことについては、多くの中国人から「中国語のセリフにある重みがなくなってしまっている」と失望の声があがっている。


【1】【2】【3】

人民網日本語版LINE公式アカウント開設人民網日本語版LINE公式アカウント開設

おすすめ写真

コメント

最新コメント

おすすめ