新中国成立70周年

グーグルアプリなしのファーウェイ「Mate30」発表 勝算は?

人民網日本語版 2019年09月23日10:00

北京時間の19日夜、華為(ファーウェイ)はドイツ・ミュンヘンでスマートフォン新機種「Mate30」シリーズを発表した。Mate30シリーズは引き続きアンドロイドのシステムを採用するが、各方面で確認したところによれば、グーグルのアプリケーションはプリインストールされていないという。

▽グーグルアプリがプリインストールされていない

ファーウェイの高級旗艦シリーズとしてのMate30は、最新のモバイル向けSoCチップ「麒麟990」を搭載し、世界で初めて5G内蔵型チップを搭載した5Gスマートフォンでもある。これまでに発表された5Gスマホはどれも外付けの5Gチップを搭載していた。価格をみると、Mate30は799ユーロ(1ユーロは約119.4円)から、Mate30 Proは1099ユーロから、Mate30 Pro 5Gモデル(8+256GB)は1199ユーロ、Mate30 RS ポルシェコラボモデル(12+512GB)は2095ユーロだ。

スペックの点で、Mate30シリーズには注目点がいろいろある。報道によると、ファーウェイが先月にドイツ・ベルリンで開催された国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA)でメディアに伝えたところでは、米国の規制の影響により、まもなく発表する秋の旗艦機種Mate30にはグーグルのアプリやグーグルプレイのサービスは搭載されない。ただアンドロイドシステムを使用できないわけではないという。

これまでファーウェイは対外的に、「スマホのオペレーティングシステム(OS)ではアンドロイドを最優先とする。最終的にグーグルがファーウェイに製品・サービスを提供できないのであれば、ファーウェイは独自開発のOS『鴻蒙』の採用に踏み切る」と説明してきた。ファーウェイの消費者向け端末事業の余承東最高経営責任者(CEO)はIFAで、「鴻蒙システムはスマホへの応用の準備が整っており、このシステムを使用した最初のスマホは来年発売の『P40』になるだろう」と述べた。

余CEOによれば、「鴻蒙OSはアンドロイドよりも優れた性能、より高い安全性、より強大な分散型の能力、将来に向けた全シーンに対応する能力を備える。アンドロイド生態圏のアプリをファーウェイの鴻蒙OSに移行させて開発を進めたので、開発の作業量は非常に少ない」という。

  1 2 3 4 次ページ

最新ニュース

注目フォトニュース

コメント

| おすすめ写真

ランキング