ミニ炊飯器にヨーグルトメーカー、小型家電が人気のわけは?

人民網日本語版 2020年09月07日11:05

(写真著作権は東方ICが所有のため転載禁止)

ミニ炊飯器、1人用のヘルスポット、小型洗濯機、ヨーグルトメーカー、ノンフライヤーなど、ここ数年、見た目がよく、機能に優れ、ソーシャルメディアで話題性があるネットで人気の小型家電が、オンラインマーケティングを通じて徐々に売上を伸ばしている。従来の家電メーカーも小型家電の新ブランドも、インターネットに目を向け、インターネットの急成長に乗っかることが家電産業の共通の選択となっている。人民日報海外版が伝えた。

小型家電市場が人気爆発

北京の企業で働く90後(1990年代生まれ)の陳薇さんは最近、自分で朝ご飯を作るのが習慣になった。新しく購入した朝食メーカーを利用すれば、3分でホットサンドを作り、1分で卵を焼き、ジューサーでジュースを作り、栄養満点の朝ご飯ができあがるという。「こうやって朝ご飯を作れば、時間がかからないだけでなく、健康的で安全だし、こだわりのある暮らしをしたいという願いもかなう」と陳さん。

従来の冷蔵庫やエアコン、洗濯機といった暮らしに欠かせない大型家電に比べ、朝食メーカーやジューサー、ヘルスポットなど、機能が細分化した小型家電が最近、ますます多くの消費者の間で人気となっている。小型家電は暮らしの中の細分化された場面に焦点を当て、特定の層のニーズに応えている。特に新型コロナウイルス感染症が「おうち経済」に火をつけると、こうした小型家電のSNS、ライブ配信、動画配信プラットフォームでの「登場率」が非常に高くなり、「ネット小型家電ブーム」を引き起こした。

ネットで人気の小型家電は、実際どれくらい人気があるのか。それをよく証明してくれるデータがある。全国家庭用電器工業情報センターが作成した「2019年中国家電業界年度報告」によると、19年の中国の大型家電製品の累計輸出額は257億2100万ドル(1ドルは約106.2円)で、前年比1.01%減少した。一方、小型家電製品の累計輸出額は324億ドルで、同6.24%増加した。感染症の影響で、今年第1四半期(1-3月)には大型家電と据え付け型家電の売上高は減少幅が拡大したが、小型家電の減少幅は小さく、一部の代表的メーカーには売上高が大幅に増加したところもある。例えば小熊電器の同期売上高は同17.32%増加し、新宝電器の同期売上高は同4.05%増加した。また阿里巴巴(アリババ)が発表したデータによると、今年第1四半期のキッチン用小型家電の売上高は139億元(1元は約15.5円)に達し、同15.8%増加した。

最新ニュース

注目フォトニュース

コメント

| おすすめ写真

ランキング