発展期迎えるブロックチェーン 中国で応用される業界とは?

人民網日本語版 2019年10月29日13:15

中国共産党中央政治局は今月24日午後、ブロックチェーン技術の発展現状と動向をめぐる第18回グループ学習を開いた。議長を務めた習近平中国共産党中央総書記は「ブロックチェーン技術の統合応用は、新しい技術革新や産業変革において、重要な役割を果たしている」と強調した。

第13次5カ年計画(2016‐20年)に盛り込まれたブロックチェーンの中国の国家テクノロジー戦略における位置づけはさらに向上し、発展期を迎えている。

ブロックチェーンが人工知能と同じ地位に引き上げられる

中国商務部(省)CECBCブロックチェーン専門委員会の呉桐副主任は、「習総書記が、ある特定の技術に的を絞って、詳しいことを述べることはあまりない。これまで、習総書記が詳しいことを述べ、中央政治局のグループ学習でも取り上げられた特定の技術には、インターネットや人工知能(AI)がある。つまり、ブロックチェーンは少なくとも人工知能と同じ地位にまで引き上げられたということ」と指摘した。

実際には、1年前の5月28日、習総書記は、中国科学院第19回院士大会、中国工程院第14回院士大会の重要談話で、ブロックチェーン・人工知能、量子情報、モバイル通信、モノのインターネットなどを全て次世代情報技術の代表として列挙した。

ISO/IEC JTC1モノのインターネット・ブロックチェーン融合研究グループの責任者を務める沈傑氏は、「習総書記は今回の談話でも、ブロックチェーンをこれほど重要な位置に置いたのは、ブロックチェーンやモノのインターネットなどの技術の分野で他国の制約を受けたくないということ。習総書記は今回、基礎技術研究、業界での応用実施、デジタル経済の商業奨励スタイル融合など、ブロックチェーンをめぐる3つの側面の発展に関して、明確な指示を出した。それにより、業界の今後の発展やイノベーション・ブレイクスルーの方向性がよりはっきりした」と説明する。

ブロックチェーンとは?

中国科学院コンピューター技術研究所の博士研究員である、中科声竜科技発展(北京)有限公司最高経営責任者(CEO)の汪福全氏によると、サトシ・ナカモトが2008年にブロックチェーンという技術とそれを利用したビットコインを提唱した。そして、2014年ごろになると、専門技術として注目を集めるようになった。

最新ニュース

注目フォトニュース

コメント

| おすすめ写真

ランキング