中国の平均初婚年齢が28.67歳まで上昇 晩婚化の理由は?

人民網日本語版 2022年06月24日16:53

「中国国勢調査年鑑-2020」によると、2020年において中国の平均初婚年齢は28.67歳にまで上昇した。男女別で見ると、男性は平均29.38歳、女性は平均27.95歳となっている。中国新聞網が報じた。

統計によると、2010年における中国の平均初婚年齢は24.89歳だった。男女別で見ると、男性は平均25.75歳、女性は平均24歳だった。

つまりこの10年間で、平均初婚年齢が約4歳上昇したことになる。男女別で見ると、男性の平均が3.63歳、女性の平均が3.95歳上昇した。

年ごとの初婚者数を全体的に見ると、近年、減少の一途をたどっている。「中国統計年鑑2021」によると、2010年におけるその人数は2200万9000人だったものの、2020年には1288万6000人まで減少した。

地域別に見ても、平均初婚年齢の上昇が全体的な流れとなっている。一部の地域では平均初婚年齢がすでに30歳の大台を突破している。例えば、安徽省民政庁が発表している統計によると、2021年において同省で婚姻届を提出した男女の平均年齢は33.31歳で、初婚平均年齢は男性が31.89歳、女性が30.73歳だった。

平均初婚年齢が上昇している理由は?

過去の推移を見ると、1980年代初期は平均初婚年齢が下降傾向にあり、1980年には23.59歳だった平均年齢が、1986年には22.83歳まで下降した。しかし、その後は上昇に転じ、1992年には23歳以上になり、1996年には24歳を突破し、2020年には28歳を超えた。

では今の世代の人はなぜ晩婚傾向にあるのだろうか?人によってその理由も異なるようだ。

安徽省合肥市の男性市民・李さんは、「30歳を過ぎても結婚していない人がたくさんいる。その主な原因は、マイホームを購入する負担が大きすぎるからで、できるだけ先延ばしにしたいと思う人が多い」と話す。また、同市の女性市民姚さんは、「20歳から30歳までは、まず奮闘し、経済的に自立しなければならない。結婚を考えるのはそれから」と話す。

最新ニュース

注目フォトニュース

コメント

| おすすめ写真

ランキング

  • 全部
  • 経済
  • 社会
  • 政治