• 一带一路成果
2017年1月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

「中国の年」に入るBRICS協力

人民網日本語版 2017年01月06日14:49

今年1月1日、中国は正式にBRICS議長国を引き継ぎ、BRICS協力は「中国の年」に入る。今年9月、第9回BRICS首脳会議が中国の厦門で開催される。新年早々、習近平国家主席はBRICS各国に書簡を送り、議長国就任中のBRICS協力推進の構想を説明した。「中国側は各加盟国と共に、『BRICSパートナーシップを深化し、より明るい未来を開く』とのテーマをめぐり、協力の共通認識を形成し、協力のビジョンを計画することを期待している」。(文:賈晋京・中国人民大学重陽金融研究院首席研究員。人民日報海外版「望海楼」掲載)

2006年9月にBRICS外相は第61回国連総会期間に第1回会議を開き、BRICS協力制度を正式に確立した。その後の10年間、BRICS諸国は世界経済の成長促進、グローバル・ガバナンスの整備の面で際立った貢献を果たした。

過去10年間、BRICS協力は経済と政治の「両輪」駆動を堅持し、南南協力の新たなルートを切り開いた。2014年にBRICS諸国は外貨準備基金を創設、2015年にはBRICS開発銀行を創設し、加盟国の経済統合は重要な歩みを踏み出した。同時に、各国は国際問題に広範に関与し、テロ対策、対過激主義、アフリカ問題などの面で高度の共通認識に達した。過去10年間のBRICS協力は、すでに通常の意味の経済的互恵を超え、国際政治・経済の各分野の調整と協力という戦略的高みに達していることが分かる。

新たな10年、BRICS諸国は経済的には新たなグローバル化のエンジンとなる。国際経済の「下押し長周期」の底がまだ見えなく、深いレベルの影響がまだ続いている中、BRICS諸国は試練に直面すると同時に、新たなグローバル化をリードする機会も迎えている。BRICS諸国の経済は相互補完性が高く、ブラジル、南アフリカなどの資源型国家もあれば、インドという「世界の事務室」と中国という「世界の工場」もあり、新興国としてBRICS諸国は経済成長期にある。同時に、BRICS諸国は創設以来一貫して国際金融秩序の改革者であった。今後10年間、BRICS開発銀行及びBRICS外貨準備基金の制度の下、BRICSは新たな世界経済発展のリーダー、新たなグローバル化のエンジンとなる。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント