• 一带一路成果
2017年1月9日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

新たなグローバル化は中国のリードを求めている

人民網日本語版 2017年01月09日13:50

昨年以来、反グローバル化勢力が勢いを増し、国際社会では経済グローバル化の不可逆性を疑う声も挙がっている。実際には、グローバル化は強硬に推し進めることも、遮ることもできず、改善があるのみだ。(文:趙竜躍・広東外国語外貿大学教授、国際治理創新研究院院長。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

現在のグローバル化は非均衡的発展のグローバル化だ。世界経済の成長を促進した一方で、世界に深刻な不均衡ももたらした。まず発展の不均衡と利益配分の不均衡であり、これは国家間の不均衡、国家内部の地域、産業、コミュニティー間の不均衡を含む。次に資源・環境消費の不均衡。さらに深刻なのが制度・規則の不均衡だ。長年来、国際規則は主に欧米に主導され、操られてきた。まず体現するのは欧米先進国の利益と需要だ。こうした規則は発展途上国の実情を考慮しないだけでなく、後発組としての強みを持つ途上国を制約するために用いられるものもある。

世界金融危機の発生以来、国際社会は経済回復・発展だけでなく、ガバナンス・メカニズムと国際規則の再編、革新も必要としている。現在われわれが研究する必要があるのは、いかに国際規則を再構築・革新し、国際ガバナンス・メカニズムを整備し、グローバル化の弊害を克服し、より均衡的、包摂的、公正に発展する新たな経済のグローバル化を推進するかだ。

新たな経済のグローバル化は中国のリードを求めている。G20杭州サミットの歴史的意義は、国際ガバナンスの原則と方向を定め、中国がリードする新たな経済グローバル化の新時代を開いたことにある。新たな経済グローバル化に対する中国のリーダーシップは主に次の点に現われている。

第1に、国際規則再構築のリードだ。非均衡的発展のグローバル化は2つの段階を経てきた。19世紀以前のグローバル化は第1段階であり、主に技術が推進した。現在までのグローバル化は第2段階であり、主に技術と資本が推進した。中国が提唱し、推進する新たなグローバル化は主に技術、資本、規則が推進するものだ。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント