• 一带一路成果
2017年1月11日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

新年を迎え外交にも新たな1ページ

人民網日本語版 2017年01月11日14:40

新年を迎え、外交も新たな時期に入っている。習近平国家主席は15~18日にスイスを公式訪問し、スイス・ダボスで開催される世界経済フォーラムの2017年度年次総会に出席し、国連のジュネーブ本部、世界保健機関、IOCも訪問する。(人民日報「鐘声」国際論評)

国際情勢は複雑で変化に富み、国際構造には深い調整が行われている。世界経済は回復力が足りず、経済グローバル化は曲折を経ており、国際貿易・投資は低迷し、保護主義が台頭している。世界経済フォーラムの創始者シュワブ氏が述べたように「様々な試練が勢いを増し、様々な業種に影響を与えている。世界の全ての利害関係者が責任を担い、包括的協力を展開することが求められている」。

国際的影響力を持つ新興市場大国である中国がスイスでどのような新年の外交の歩みを踏み出すのかに、世界は注目している。スイスは中国にとって欧州の第7の貿易パートナー国であり、中国はスイスにとってアジア最大の貿易パートナー国だ。両国関係は踏み込んだ発展という良好な勢いを呈している。政治的相互信頼を強化し続け、経済・貿易、金融分野の実務協力を深化し続け、人的・文化的交流を日増しに活発化している。

毎年始め、世界の多くの重要人物がダボスに集まり、世界の大勢について議論する。2017年、世界は開放か保守か、協力か閉鎖か、変革か守旧かの十字路に立っており、世界は方向性を導く力を待ち望んでいる。中国の国家主席のダボス会議出席が焦点中の焦点であることは間違いない。

世界経済の成長を制約する根源的問題に対して、習主席がG20杭州サミットで世界に個別対策と抜本的対策を兼ね備えた、総合的な中国の案を示したことを人々ははっきりと覚えている。同案は成長の源泉を革新し、切り開くことに焦点を合わせ、発展空間の開放、拡大に着眼し、包摂的・実務的発展の基礎を強調し、権威ある声を発し、中国の答えを示すものであり、世界経済とグローバル・ガバナンスの前進の方向性を導いた。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント