2017年2月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

協力が中米両国の唯一の正しい選択

人民網日本語版 2017年02月06日15:22

「2017年は中米両国にとって非常に重要な一年だ」。中国の駐米大使による先日のこの姿勢表明が、各方面の共通認識になることを信じる。米新政権の船出に伴い、中米関係がどう前進するのかに、人々は注目している。(人民日報「鐘声」国際論評)

中米関係を見極めるには、事実に対する全面的な観察が不可欠だ。2015年に中米の貿易総額は6593億ドルに達した。2016年に中国企業の対米投資は過去最多の456億ドルに達した。中米間では1日平均延べ1万4000人が往来し、17分ごとにフライトがある。中米間の姉妹省・州はすでに40組、姉妹都市は200組に上る。双方は100余りの二国間制度を構築し、政策調整、実務協力を行っている。数字は争えない事実だ。様々な「過去最多」の記録は、二国間、地域、世界レベルの各分野での両国協力の成果を反映している。

「事実が証明するように、協力が中米両国の唯一の正しい選択だ」。習近平国家主席の鋭い論断は、中米協力の持つ重要なチャンスと大きな潜在力に対する精確な把握に基づき、新たな段階において両国関係が摩擦を減らし、穏やかに発展するための鍵を示している。

中米関係を見極めるには、一時一事に限られてはならず、長期的な視点、戦略的高みがとりわけ必要だ。歴史の経験は、繁栄する中国が米国にとって有利であり、繁栄する米国も中国にとって有利であることを告げている。中米両国の利益融合と相互依存の深みと幅はかつてないものであり、中米は上手く協力すれば、世界の安定のバラスト、世界平和のブースターになることができる。もし中米関係が悪く、さらには衝突すれば、両国及び世界にとって災禍であり、キッシンジャー氏の言うように「米中両国が対立すれば、世界全体が分裂する」かもしれない。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント