2017年2月15日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

外側へ広がる北京の賃貸住宅市場 賃料上昇幅も拡大

人民網日本語版 2017年02月15日08:26

春節(旧正月、今年は1月28日)後の転職ブームや求職者のUターンで、北京の賃貸住宅市場は繁忙期を迎え、賃貸料が10%前後値上がりしている。賃貸市場の規模が拡大を続け、都市軌道交通が急速に発展するのにともない、賃貸エリアが中心の都市部から近郊エリア、郊外エリアへと広がり、環状道路の北京五環路より外側の地域に賃貸族が集まるようになった。市場関係者も、「近郊や郊外の区、県で賃貸市場の規模が拡大を続けるのが、北京賃貸市場の大きな流れになっている」との見方を示す。「北京晨報」が伝えた。

▽部屋タイプ:3LDKが一番人気

近年の賃貸市場をみると、春節後に春の繁忙期を迎えている。58同城データ研究院がまとめたデータによれば、情報サイト58同城の2月第1週の平均ページビュー(PV)は1月に比べて114%増加し、北京、上海、広州、深セン、杭州、成都、廈門(アモイ)の各都市では春節後の賃貸料上昇幅が10%を超えた。部屋タイプをみると、北京では3LDKに最も人気があり、平均月間賃料は6583.48元(1元は約16.5円)で1月に比べて12.18%上昇した。2LDKは5187.05元で同10.49%上昇。1LDKは3547.5元で同11.3%上昇した。

▽立地:近郊が人気エリアに

北京の都市部は賃料が高いため、賃料が比較的安い近郊エリアを選ぶ賃貸族が増えている。大興区、燕郊、通州区、香河などが人気の賃貸エリアとなり、賃料の上昇幅は北京市の中心部を大きく上回る。同研究院のデータでは、17年2月第1週の北京周辺エリアの平均賃料上昇幅は16.56%だったが、燕郊は18.02%上昇、通州は19.03%上昇と平均を上回り、北京都市部の上昇幅は7.55~11.88%で近郊を下回った。

実際、都市軌道交通の発展や近郊・郊外エリアの賃貸物件供給量の増加を受けて、最近は都市部から近郊や郊外に移り住む賃貸族が増えている。偉業我愛我家市場研究院が発表したデータでは、16年の北京住宅賃貸市場で最も人気のあったエリアは昌平区の回竜観、通州区の北苑、海淀区の上地の3カ所で、北京の住宅市場に占める取引件数の割合が上昇を続けている。特に回竜観は人気が高く、14年の取引件数は前年比277.6%増加、15年は同24.2%増加、16年は同44.6%増加だった。市場シェアは13年の1.054%から16年は4.837%と大幅に上昇した。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング