2017年2月21日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>写真>>社会

パンダの世話は重労働! 飼育員の一日の仕事を公開 四川省

人民網日本語版 2017年02月21日09:07

赤ちゃんパンダを運ぶ張粤さん。

顔で温度を測ってから、赤ちゃんパンダに粉ミルクをやる張粤さん。

1歳半のパンダに木登りなどの訓練をさせる張粤さん。あるパンダはいくら呼びかけても降りてこなかった。

 四川省の成都ジャイアントパンダ繁育研究基地で飼育員として働く張粤さんにとって、パンダにミルクをやるのは毎日の仕事の一部にすぎない。パンダの飼育員は毎日午前8時に出勤し、日常的に行う一連の検査をした後に屋外の掃除を行う。その後、重鎚門(室内の動物小屋と屋外の運動スペースを隔てる門)からパンダを屋外に出し、竹を抱きかかえさせる。竹は地面に無造作に置くのではなく、地面に突き刺す必要がある。こうすることで、竹が屋外では地面から生えていることをパンダに理解させることができるという。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント