2017年3月7日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>動画

<動画>待ち時間なんと9時間以上!「朗読ボックス」が話題に 上海市

人民網日本語版 2017年03月07日14:27

このほど、上海市に待ち時間約9時間の「朗読BOX」が登場した。「朗読ボックス」の設置された上海図書館広場には、5日正午、約150人の長蛇の列ができていた。列には老人から子どもまで様々な世代の人々で、列の最後尾には「待ち時間9時間以上」と書かれた看板が立っていた。

「朗読ボックス」は、高さ約3メートルで、ボックス内に椅子はなく、朗読者は立ったまま朗読する。机の上には、本格的なレコーディング機材が設置されており、頭上にはカメラが備え付けられている。レコーディングを操作するスタッフはボックス外からレコーディング機材を遠隔操作し、朗読者はマイクに向かって朗読することになる。朗読時間は一人あたり3分以内に制限されている。

この「朗読ボックス」は、中国中央テレビのバラエティー番組「朗読者」が企画したもので、今回録画した朗読映像の中から、感動を与えた朗読者を選出し、同テレビ局の番組の収録に招待することが目的。上海図書館は一つ目のレコーディングポイントで、今後さらに3-4箇所に同様の「朗読ボックス」を設置する予定で、同イベントは4月末に終了するという。(編集TK)

「人民網日本語版」2017年3月7日

関連記事

コメント

最新コメント