2017年3月10日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

山西省の2016年のコークス輸出量、全国の8割弱に 最大の輸出先は日本

人民網日本語版 2017年03月10日08:25

「世界のコークス王国」と呼ばれる山西省の、2016年のコークス輸出量は全国の8割弱を占めた。山西省にとって最大のコークス輸出先は、日本だ。中国新聞網が伝えた。

太原市の税関当局の情報によると、荷受・出荷部門にて集計したデータでは、山西省の2016年のコークス輸出量は前年比7.9%減の765万3000トンで、全国の輸出の75.6%を占めたという。

山西省は中国の重要なコークス生産拠点で、その生産量と輸出量は全国一だ。長年にわたり、世界最大のコークス輸出拠点としての地位を維持している。

注目すべきことには、山西省の2016年のコークス輸出価格に、大きな変動があったことだ。太原市の税関当局の統計によると、昨年12月に輸出量が急増し、輸出価格が高騰した。輸出量は前年同月比30.4%増、前月比598.7%増の5万4000トンで、価格にして前年同月比159.9%増、前月比736.2%増の9332万8000元(1元は約16.52円)に達した。

太原市の税関当局のデータを整理すると、山西省にとって最大のコークス輸出先は日本だ。2016年は前年比37.3%減となったが、全省の石炭輸出の57%を占めた。英国への輸出は全体の19.6%、インドは9.1%、豪州は4.4%となっている。

山西省統計局のデータによると、山西省の2016年の一定規模以上工業製品のうち、コークスの生産量は前年比2.2%増の8186万トンに達した。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年3月9日

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング