2017年3月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>写真>>社会

世界に発信 都江堰で放水節 四川省

人民網日本語版 2017年03月20日10:33

年に一度の都江堰放水節は、千年受け継がれてきた放水の壮大な情景を再現し、全世界の観光客の注目を集めている。2017中国・都江堰放水節は今年4月2日に、世界文化遺産及び自然遺産に登録される都江堰で盛大に行われ、全世界からの観光客を招待する。 人民網が伝えた。

都江堰は世界最古で2273年を経て今なお四川盆地を潤す巨大な水利施設である。民衆を率いて都江堰市のかんがい工事を構築し、成都平原に益をもたらした戦国時代の灌漑専門家である李氷父子を記念し、年1度の清明節当日に行われる「放水祭」は978年から始まり、後世の人々の感謝の意を表すことを目的にしている。五穀豊穣、国家安泰、人民の平穏を祈る伝統文化行事である。

今年の都江堰放水節は4月2日に行われ、千年伝統を有する放水大典が再現される。2017年都江堰放水節イベント組織委員会によると、今年は舞台幕分けの形を採用して、「古法治水」の歴史と文化の情景を再現する。ラリアのフランクストンの海、ロシアのモスクワ川、フランスセーヌ川、ドイツシュプレー川、日本の富士湖、タイメナム川、イタリアベニス大運河、アラブドバイクリークといった9カ所の水が歴史ある都の都江堰に集まる。

「人民網日本語版」2017年3月20日

関連記事

コメント

最新コメント