2017年5月5日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

外交部、朝鮮半島核問題と対朝関係で中国は客観的で公正な立場を堅持

人民網日本語版 2017年05月05日09:51

外交部(外務省)の耿爽報道官は4日の定例記者会見で、朝鮮半島の非核化の問題と中朝関係の発展において、中国側は客観的で公正な立場を一貫して堅持していると指摘した。

【記者】朝鮮中央通信が中国の対朝制裁・圧力を批判する論評を発表したことについて、コメントは。

【耿報道官】朝鮮半島の非核化の問題における中国側の立場は一貫した、明確なものだ。中朝善隣友好関係の発展における中国側の立場も一貫した、明確なものだ。

長年、中国側は一貫して客観的で公正な立場を堅持し、事の是非曲直に照らして問題を判断し、処理してきた。われわれは確固不動として朝鮮半島の非核化実現に尽力し、朝鮮半島の平和・安定を維持し、対話と協議による問題解決を後押しする。われわれは他の関係各国もしかるべき責任をしっかりと担い、地域の平和・安定、地域の人々共通の幸福のためにしかるべき役割を発揮することを希望する。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年5月5日

関連記事

コメント

最新コメント