2017年5月17日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

「一帯一路」の発展途上国と国際機関に600億元援助

人民網日本語版 2017年05月17日14:23

習近平国家主席は14日、「一帯一路」(the belt and road)国際協力サミットフォーラムの開幕式で行った基調演説の中で、「中国はこの先3年間で、『一帯一路』建設に参加する発展途上国と国際組織に600億元(約9880億円)の援助を提供し、人々の生活に関わるプロジェクトをより多く建設する」と述べた。商務部(商務省)対外援助司の責任者は15日、「600億元の援助は主に無償資金協力と無利子融資に充てられる。『一帯一路』建設に参加する発展途上国は国民生活の発展をめぐる核心的で切実な問題を踏まえ、各国に駐在する中国の大使館や経済ビジネス機関と緊密なコミュニケーションを維持し、優先的に発展させる協力の重点を確定し、『政策の意思疎通、インフラ施設の連結、貿易の円滑化、資金の調達、民心の通じ合い』といった分野で具体的なプロジェクトのニーズを打ち出し、事前の論証、商用ビザについての協議、組織的実施といった各段階で力を合わせて協力し、関連の発展協力の成果が一日も早く関連国と人々に恩恵をもたらすことを確保した」と述べた。人民日報が伝えた。

習主席が発表した発展協力の措置には次のようなものがある。「一帯一路」沿線の発展途上国に20億元(約329億円)の緊急食糧援助を提供すること。南南協力援助基金に10億ドル(約1135円)を増資すること。沿線国家で「幸福家園」(幸せな家)100ヶ所、「愛心助困」(愛を込めた貧困扶助)100ヶ所、「康復助医」(リハビリと医療援助)100ヶ所などのプロジェクトを実施することだ。また関連の国際組織に10億ドルを提供して沿線国家に恩恵が及ぶ一連の協力プロジェクトを実施するという。

同責任者は、「こうした発展協力の措置は中国と沿線の発展途上国および国際組織の意見を幅広く聴取することを基礎として、平和協力、開放的包摂、相互学習・相互参考、互恵・ウィンウィンを中核としたシルクロード精神を踏まえ、共に話し合い、共に建設し、共に分かち合うとの原則に基づき、発展という根本的な問題に焦点を当て、各方面の発展戦略と各国国民の発展への願いを積極的に結びつけ、グローバルガバナンスにソリューションと独自の貢献を提供し、関連国が『持続可能な開発のための2030アジェンダ』を積極的に実施し、人類の運命共同体と利益共同体の構築を積極的に推進するよう支援し、人類の共同発展の促進に力を尽くす中国の大国としての責任と歴史的役割を体現している」と述べた。

同責任者は20億元の人道主義に基づく緊急食糧援助について、「目下、世界は深刻な食糧安全保障情勢に直面しており、世界にはすぐにも食糧援助を必要とする人が7千万人以上いて、厳しい人道主義の危機を迎えている。中国政府と中国国民はこうした事態を我が事として肌身に感じており、中国はこれから関連国の具体的ニーズに基づき、多国間・二国間のルートを通じて関係国へ人道主義に基づく緊急食料援助を提供し、速やかに関係国の人々の命を救い、食糧不足を緩和し、栄養不足の状態を改善し、農業生産の水準を徐々に高めるために努力と貢献を行い、国際社会と共に世界の食糧安全保障レベルを高める」と述べた。


【1】【2】

関連特集

コメント

最新コメント

アクセスランキング