2017年6月3日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

今月1日から上海公安出入国管理部門で新版の外国人居留証の申請受理開始

人民網日本語版 2017年06月03日11:04

中国公安部(省)の手配に基づき、上海公安出入国管理部門は1日から、「2017版外国人永住居留身分証」の申請受理を始めた。新聞晨報が報じた。

2017年6月1日から12月31日までの期間、上海に居住しており、「外国人永住居留証」を所有している外国人は、初めに申請を受理してもらった場所や上海市公安局出入国管理局、各区の出入国管理部門に出向き、新版「外国人永住居留身分証」への書き換えを申請できる。旧版の期限が切れるまで書き換えはできないという制限を受けることはない。申請後、公安機関が20営業日以内に新版の居留証を発行する。

「外国人永住居留証」の便利化改革により、「外国人永住居留証」という名前が、「外国人永住居留身分証」に代わり、身分証明書としての機能が強化された。また、定住する外国人に良好な社会的サービスを提供し、それら外国人の満足感を強化した。

「外国人永住居留身分証」は、外国人が中国国内で自分の身分を証明することのできる合法的な証書で、中国人が所有している第二世代居民身分証を最適化したデザインとなっている。また、技術基準を統一し、埋め込まれたマイクロチップに管理情報が保存されており、第二世代居民身分証の読み取り機を使ってそれを読み取ることができる。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年6月3日

関連記事

コメント

最新コメント