2017年6月19日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

中国海軍艦隊が中露合同軍事演習のためロシアへ出航

人民網日本語版 2017年06月19日14:06
中国海軍艦隊が中露合同軍事演習のためロシアへ出航

ミサイル駆逐艦「長沙」、ミサイル護衛艦「運城」、総合補給艦「駱馬湖」からなる中国海軍艦隊は18日、中露合同軍事演習「海上連合―2017」の第1段階行動に参加するため、三亜からロシアのサンクトペテルブルク、カリーニングラードに向けて出航した。人民日報が伝えた。

田中海軍副司令官が参加将兵に訓示を行った。田中副司令官は「今回の任務は航行距離と期間が長く、内容が多く、海域が複雑だ。艦隊の全将兵は習近平主席と中央軍事委員会の戦略決定・方針を揺るがず貫徹し、『4つの意識』を的確に強化し、使命に忠実に、揺るがぬ信念、盛んな闘志、必勝の自信によって、わが海軍将兵の厳しい試練に耐えうる軍事的・政治的資質及び優れた戦闘作風、及び威武の軍隊、文明の軍隊、平和の軍隊としての良きイメージを十分に示さなければならない」と表明した。

中露両国の合意に基づき、双方の海軍は7月下旬にバルト海海域、9月中旬に日本海及びオホーツク海海域で合同軍事演習「海上連合―2017」を実施する。中国側は主に駆逐艦1隻、護衛艦1隻、総合補給艦1隻、及び艦載ヘリコプターと海軍陸戦隊が参加する。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年6月19日

関連記事

コメント

最新コメント