2017年6月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」、地上でのデータ受信成功

人民網日本語版 2017年06月20日14:22

中国科学院リモートセンシング・デジタル地球研究所が発表した情報によると、中国リモートセンシング衛星地上基地の喀什 (カシュガル)基地が16日、硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」の16周目となる飛行において、初となる追跡と下りデータの受信に成功した。さらにこのデータをリアルタイムで、中国科学院国家宇宙科学センターに伝送した。新華社が伝えた。

中国初の硬X線変調望遠鏡衛星「慧眼」が、6月15日に打ち上げられた。中国リモートセンシング衛星地上基地の密雲基地、喀什基地、三亜基地が同衛星のデータ受信を担当する。

同衛星の初の任務時間は4分55秒で、受信したデータ量は約2.1GB。(編集YF)

「人民網日本語版」2017年6月20日

関連記事

コメント

最新コメント