• 习主席出访俄德
2017年7月12日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

世銀のキム総裁「アリババと提携して女性の起業を支援」

人民網日本語版 2017年07月11日16:58

女性の地位が向上し、「彼女たちの時代」が訪れた今、女性の役割の再定義を求める声が挙がっている。阿里巴巴(アリババ)は10日に第2回グローバル女性起業家大会を開催し、女性が起業する場合に男性と平等なチャンスが与えられ、世界がよりよくなることを願うとのメッセージを打ち出した。世界銀行のジム・ヨン・キム総裁が関連フォーラムで基調演説を行い、「女性に権限を与えることは経済発展を加速させるための核心であり重点であり、極端な貧困を撲滅し共同の繁栄を促進するという目標の促進にとって極めて重要なことだ」と述べた。中国新聞網が伝えた。

キム総裁は、「女性に経済的な権限を与えることは道徳の問題であり、重要な経済の問題でもある。いかなる国も機関も、男女の平等な参加を実現できなければ、潜在力を十分に発揮して課題に立ち向かうことはできない」と述べた。

現在、女性の地位は大幅に向上したとはいえ、女性は社会の競争の中で引き続き弱者であり、就職や起業でより多くの障害に直面する。データをみると、発展途上国では女性がトップに立つ企業の70%が金融機関を門前払いされ、公平な金融サービスを受けることができず、年間の貸出の赤字額は3千億ドル(1ドルは約114.4円)に達するとしている。

キム総裁は、「金融サービスを受ける際の性差別が解消されていない。政府や組織・機関の後押しを受けて、男女間の地位の格差を縮小し、ひいては解消し、女性に権利を与え、経済のエネルギーを活性化したい」と述べた。

このため、世界銀行は女性向け銀行計画を通じ、アフリカ、東アジア、東欧、中南米の25ヶ国の女性に14億ドルの資金を提供すると同時に、ゴールドマン・サックスと協力して、女性起業家に向けた特定融資を提供することとし、これまでに7億8600万ドルの投資を請け負い、女性起業家約10万人に資本獲得の機会を提供した。

データをみると、中国の企業のうち女性が所有するものが31%に上り、米国、ニュージーランド、シンガポールにほぼ匹敵する割合だ。キム総裁によると、「これは中国の女性が男性と同じ教育を受けられること、ビジネス活動に従事する能力があること、金融・融資の女性に対する包摂度が非常に高いことなどが原因だ」という。

経済の権限をめぐる女性のパワーをかき立てるため、世界銀行はアリババと協力してインターネットを利用した初の性別に焦点を当てた金融計画を展開中だ。

金総裁によると、「アリババは女性のオンライン取引データや行動データに基づき、オンラインで審査して貸出を行う。これは非常に将来性のある革新であり、こうした新しい技術が多くの女性の直面する昔ながらの問題の解決を助けることになる」という。

世界銀行はかつてエチオピアで、タブレットコンピューターを利用して女性の貸出希望者に45分間で一連の質問に答えてもらい、返済できるかどうかを判断するというテスト事業を行ったことがある。従来の方法に比べて効率が大幅に向上したという。キム総裁は、「こうした革新的方法が中国とエチオピアで効果的に広まったなら、他の国でも十分に実施可能だと確信する。世界銀行はアリババ傘下のアント・ファイナンシャルと協力して、他の国でもこの新しい方法を広めていく」と述べた。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年7月11日

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング