• 习主席出访俄德
2017年7月21日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

手描きの挿し絵、繊細で整った文字 癒し系絵本が流行する理由

人民網日本語版 2017年07月21日08:28

「ホタルと一緒に過ごすようになって、太陽の光とエネルギーに自分がだんだんと満たされていくのを感じた」-これは、漫画絵本「屋根の上のホタル」に登場する一節だ。このページには、傘を持って道を歩く女の子の挿し絵が描かれている。これまでに、同書は、レビューサイト「豆瓣」で、9.3ポイントという高評価を獲得している。同書と同じころに出版され、内容も似通っている「あなたに出会えてよかった」や「白昼夢の星」に対する評価も、ともに8ポイントを上回る。数年前に輸入・出版された「羊のセルマ(中国語書名:幸福)」などの作品を含め、この種の絵本作品の中には、読者から大好評を得ているものが数多くある。中国新聞網が伝えた。

上述の作品と、数年前から各種メディアで取り上げられている児童絵本とは、同じ種類のものであるとは言えない。記者の概算統計によると、上述の作品は総じて、さまざまな特徴のある挿絵が中心となっており、一言あるいは少しの言葉が添えられているもの、フィーリングだけを伝えているもの、心温まる物語を伝えているものなどがある。詳しく分析したところ、このような絵本図書に対する読者のコメントには、「温かさ」、「小清新(控え目で清々しい)」、「哲学・思想」などのキーワードが頻繁に登場する。スタイルが似通ったこれらの作品を「癒し系」絵本と総称する人もいる。

「あなたに出会えてよかった」の企画・編集を担当した王琳氏は、「同書は、初出版から1ヶ月もたたないうちに第2版が出版された。サイン即売会を開催したときには、わざわざ地方から駆けつけてくれた読者もいて、長蛇の列ができたほど」と話した。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント