2017年8月4日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

日産自動車が17年度第1四半期決算を発表

人民網日本語版 2017年08月04日14:52

日産自動車はこのほど、2017年度第1四半期(17年4月1日~6月30日)の決算報告を発表した。それによると、同期の連結営業利益は1533億円、売上高は2兆7600億円に達した。市場別の販売台数は、日本国内市場が前年同期比45.6%増加、米国市場が同1.2%増加、中国市場が同5.33%増加、欧州市場が同1.1%増加だった。中国を除くアジア、オセアニア、中南米、中東、アフリカを含む他市場の販売台数は同1.2%増加した。原材料費の高騰、為替変動の影響、主要市場の成長率の想定を上回る鈍化の影響があったが、当初の想定に沿ったレベルの業績を報告した。新型車の投入により、下半期はさらに収益力が向上するとみられる。「国際商報」が伝えた。

日産の同期のグローバル販売台数は135万1千台となり、同5%増加した。日本国内販売は同45.6%増の13万1千台で、市場シェアは10.9%に上昇した。米国では40万3千台となり、シェアは0.4ポイント上昇して9.1%に達した。会計年度が暦年ベースの中国では31万4千台で、シェアは4.7%だった。ロシアを含む欧州では18万5千台で、同1.1%増加した。中国を除くアジア、オセアニア、中南米、中東、アフリカを含む他市場は、市場により需要の動向に差があるものの同1.2%増の18万8千台になった。

日産は「ローグスポーツ」、「キャシュカイ」、「エクストレイル」、「キックス」、「ナバラ」および「日産リーフ」などの新型車が台数増に寄与し、通年のグローバル販売台数は583万台に達すると予測する。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年8月4日

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング