2017年8月9日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

運転代行産業が成長期に 受注2億件以上、月収7千元

人民網日本語版 2017年08月09日16:56

清華大学法学院公法研究センターのチームが8日に発表した「運転代行産業発展白書」によると、過去10数年間のゆっくりとした創成期を経て、運転代行産業は今や成長期に突入した。飲酒運転が刑事罰になると認知されてきたこと、アルコール文化が身近なものとして盛んになってきたことにより、「飲酒したので運転代行を頼む」のが新たな消費習慣として急速に普及した。中国新聞網が伝えた。

同白書によると、2016年から現在までの間に、運転代行サービスのニーズと市場規模は急速に拡大した。16年の全国の受注件数は2億5300万件を超え、生産額は154億元(1元は約16.4円)に達した。飲酒後が最も利用者の多い活用シーンで97.8%を占め、このほか仕事で疲労困憊して頼むケース、ビジネス上の送迎として、家族の送り迎えなどの活用シーンがある。

「飲んだら運転するな、運転するなら飲むな」という考え方が深く浸透すると同時に、運転代行産業のバリューも顕在化している。試算によれば、運転代行産業により昨年の飲酒運転事故が350万件減少し、事故により刑事責任が課される人が83万人減少し、経済的損失462億元を回避できたという。

同白書は、「淘宝(タオバオ)のオーナーやハイヤー運転手と同様、インターネットを介した運転代行産業も新型サービス産業に成長し、雇用を開拓しただけでなく、さまざな雇用形態を生み出した。運転代行の仕事は新たに登場した労働空間になり、多くの世帯にとって主な収入源になった。専業の運転手の全国平均月収は6957元で、各地の平均水準を大幅に上回ったほか、北京、上海、広州、深セン、杭州などの一線都市や二線都市では1万元を超えた」と説明する。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年8月9日

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング