• 一带一路成果
2017年1月11日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

食べた経験ある?外国の「ゲテモノ中国料理」

人民網日本語版 2017年01月11日09:11

全世界6大陸に広く分布する、故郷から遠く離れて暮らす新華社のジャーナリストにとって、望郷の念を慰める最高の手段は「中国料理」だ。だが、どこの国にも、本場の中国料理とは異なる、その国の料理人が調理した「ゲテモノ中国料理」がある。新華網が伝えた。

【イタリア:とろみがないのは中国料理にあらず】

イタリアに住む中国人の数は、ここ数十年急速に増加しており、中国人の商店やレストランは増加の一途をたどっている。だが、現地の料理人が作る中国料理は、たいてい正統派の中国料理とは言えない。

たとえば、ローマにある中華料理店において、メニューに載っている料理の多くは「変わった料理」と言わざるを得ない。調味料は塩としょう油のみで、「スパイシー○○」と銘打った料理も、塩辛いだけで辛くはない。そして、どの料理にもこれでもかというほど、とろみと油が使われている。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント