2017年2月4日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

日本人のファッション文化と心理(一)

人民網日本語版 2017年02月04日09:00

日本人というと、多くの人々は、セーラー服を着た女子高生や、古着のシャツを着て黒いソフトハットをかぶった男性、毛糸の帽子をかぶり、ゆったりした無地のスカートを履き、厚底の靴を履いた女性といったイメージを思い浮かべることだろう。(文:遼寧大学哲学公共管理学院・金香花准教授。文匯報掲載)

現代人にとってのファッションとは、すでに体を温めるという役割を超え、自分のアイデンティティーのシンボルとなっている。社会文化現象として、ファッションは人類の隠された一種の言語であり、無意識によるある種の集団における表現であり、自分自身の思想の延長、生活を送る上でのスタイルだといえる。

日本のファッション文化の中で、多くの人が真っ先に思い浮かべるのは日本の制服だろう。全員が同じ服を着ることのメリットは何かと問われたら、日本ではファッションはアイデンティティーの基礎であるだけでなく、集団精神や仲間意識を育む保護フィルムのような役割があり、考える必要のない面倒な事から守ってくれるものだといえる。制服というシンボルは自意識を見えない形で洗脳するものであり、異なる集団を巧みに区別し、集団を際立たせ、集団にいる一人一人にそれぞれの役割や集団意識を与えるのだ。理想の職業や優秀な学校のシンボルとなっている制服を身につけることで、集団の一員になれるという優越感を感じることができ、他者から羨望や憧れの眼差しを向けられる。制服はこのような視覚的統一性の中に心理的な同一意識を内在している。その一方で、制服の欠点としては個性を自由に表現できないことが挙げられる。この欠点に対しては、自分の制服が他者と区別されることで得られる優越感によって、心理的なバランスを取っている。他の国では制服による他者との「区別」はあまり好まれないようだ。軍隊や警察など極めて高いアイデンティティーが求められる職業以外で同じ服装を身に着けることはほとんどみられない。どの国であろうと、交通警察や看護師は普段着で働くことは許されない。なぜなら、このような仕事は決まった制服を着ることで自分の職業の役割を相手に示す必要があるからだ。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント