2017年2月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>科学技術

年越し番組の「春晩」、今年もテクノロジーが大活躍

人民網日本語版 2017年02月06日14:33

褒める人もけなす人もいるものの、「春晩」(春節<旧正月>を祝う中国の国民的年越し番組)は35年もの間、多くの人にとって常に不可欠の存在となっている。中国中央テレビ(CCTV)は今年若い視聴者の注目を集めるため、人気の高いアイドルグループを出演させて、歌やダンスを披露させただけでなく、今年も最新鋭のテクノロジーを用い、斬新にも仮想現実(VR)技術を初めて採用した。春晩は新たな方式を用いることで多くの視聴者を惹きつけ、リアルな視聴体験をもたらした。人民日報海外版が伝えた。

◆不可欠の役者、ドローン

関連統計データによると、毛阿敏(マオ・アミン)と張傑(ジェイソン・チャン)による「満城煙花」が、今年の瞬間最高視聴率を記録した。2人の息の合ったデュエットと歌唱力の他に、特殊なバックダンサー兼小道具のドローンの活躍があった。

「満城煙花」の効果を出すため、現場では3チーム・50機の、ポケットに入るほど小さいサイズのドローンが出動した。第1チームは20機で、軽やかに舞台の中央を舞い、塔を形作った。これらのドローンに取り付けられているライトが赤と緑の光を放つこともできる。正確な測位・編隊飛行アルゴリズムにより、これらのドローンは「DNA螺旋状構造」など一連の難易度が高い艦隊飛行・ダンスを行い、完璧な効果を発揮した。残りの30機はおめでたい赤の「灯籠」を吊り下げながらそれぞれ2組に分かれ、舞台両側でバックダンサーになった。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント