2017年2月10日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

羽田が「世界で最も清潔な空港」となった経緯

人民網日本語版 2017年02月10日10:52

2016年、日本に数度出張した。いずれも東京国際空港(羽田空港)を利用したが、そのたびに、羽田空港の「驚くべきレベル」の清潔さに非常に感嘆させられた。(文:ラルフ。 瞭望東方周刊)

空港待合室には、淡い色の絨毯が敷き詰められており、常に清潔に保たれている。さらに、柔らかな光を灯す照明の効果で、空港ではなく、まるで広々とした心地よい図書館にいるかのような感覚にさせてくれる。疲れた時には、絨毯の上に寝そべることもできそうだ。このほか、羽田空港で最も際立ったスペースとして、「お手洗い」を挙げることができる。日本で2番目に大きい空港かつ最も航空機離発着回数が多い空港の一つである羽田空港は、1日の利用客数が1千万人以上に上るが、お手洗いは驚くほどの清潔さを常に保っている。地面に紙くずは一つも落ちておらず、便器から臭いが漂うこともなく、洗面台も人の姿が映るほどピカピカに磨かれている。

調べてみると、案の定、羽田空港は数年連続で、航空業界の専門メディアから「世界で最も清潔な空港」との評価を受けていた。私は、羽田がどのような経緯で「驚くべきレベルの」清潔な空港となったのかについて知りたくなった。

日本の友人らに訪ねてみたところ、彼らは、この奇跡は、一人の「模範的な従業員」新津春子さんによってもたらされたということを教えてくれた。空港の清掃スタッフを束ねる彼女は、国内で「カリスマ清掃員」と称えられている。

その後、ある友人が送ってくれた「新津清掃チーム」に関するメディア報道を読み、私は心の底から感動を覚えた。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント