2017年2月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

日本人のファッション文化と心理(二)

人民網日本語版 2017年02月13日10:46

日本人のファッション文化と心理(一)>>>

普段のファッションにも日本人の性格の特徴がよく表れている。例えば、ビジネス街では、派手に飾り、目立っている女性を見かけることはほとんどない。それでも、そのような女性をよく見てみると、どの女性もきちんとした身なりをしている。日本の女性はいつも目立つ格好を避け、ややカジュアルというファッションを好んでいる。いわゆる「密かなるぜいたく」という言葉で形容するのは適切ではないだろう。なぜなら、日本の女性からは、鼻の高いセレブのようなイメージではなく、細かな所にまでこだわりがあるという繊細なイメージが伝わって来るからだ。もし中国人の自信や大まかさが骨の髄にまで染み込んだもので、そのファッションも自己主張がやや強いというのなら、日本人はいつでも目立つことを嫌がり、自分を集団の中に溶け込ませることを好むといえるだろう。

このような保守的な習慣は、日本のファッションのデザインのコンセプトにも表れている。日本のファッションデザインやファッション志向は「流行に左右されない」というコンセプトを貫いている。一見すれば、日本のファッションは本当にいつの時代にも大きな変化がない。変化があるとしても、上着の肩パッドがなくなったり、襟が小さくなったりというだけで、それ以外の変化はほとんどない。少し質のいいコートを買っておけば、数十年着ても時代遅れに見えることはない。一方、ズボンのタイプには時代によって流行がある。例えば、ベルボトム、ストレートパンツ、ペンシルパンツ、七分丈などがあり、今はゆったりダボ系 七分丈パンツが流行だ。それでも、全体的に見ると、日本のファッションにおいて、昔の服もその価値が失われることはないが、同じ服が流行として繰り返されるわけではない。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント