2017年3月23日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

女性の遅めの夕食が乳がんリスク高めるとの研究結果

人民網日本語版 2017年03月23日11:34

香港中文大学が21日に発表した研究報告によると、女性の乳がん罹患率はその食習慣と深い関係があり、夜間に食事をするとリスクが高まるという。新華社が報じた。

同研究報告の「夜間の食事」の定義は、1年以上、または1週間に1回以上夜10時以降に食事をすることだ。

香港中文大学医学院賽馬会公共衛生・基層医療学院の謝立亜・助教授によると、夜10時から12時の間に食事をする女性が乳がんを罹患するリスクは80%高まり、夜12時から夜中2時に食事をする女性のリスクが最高で、120%高まる。そして夜中の2時から早朝4時の間に食事をする場合、そのリスクが90%高まるという。

また報告によると、夜間に食事をする習慣が20年以上続いている女性が乳がんを罹患するリスクは128%高まるだけでなく、夜間に高エネルギーや炭水化物を豊富に含む食品を食べることでも、乳がんの罹患リスクが高まるということだ。

謝助教授は、「夜間に食事をすると、インシュリンやメラトニン、コルチゾールなどの神経内分泌機能に影響を与え、乳がんと関係の深い複数の代謝結果が生まれる可能性がある」と分析している。

そして、「体内時計が狂わないように、夜10時以降、特に12時から2時の間は炭水化物を豊富に含む食品を控えたほうがいい」とアドバイスしている。

同研究は、香港中文大学とオランダのユトレヒト大学が共同で実施した。研究チームは、2012年から15年まで、香港の複数の病院で20-84歳の香港の女性1835人を対象に調査を実施。うち、922人が乳がん患者で、913人が非乳がん患者だった。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年3月23日

関連記事

コメント

最新コメント