• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月6日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

日本教育の変化について 外交部「誤った歴史観で国民をミスリードするな」

人民網日本語版 2017年04月06日11:17

日本が戦時中の教育理念と訓練科目の復活を企てているとの報道について、外交部(外務省)の華春瑩報道官は5日の定例記者会見で「日本側は過去の侵略の歴史と徹底的に一線を画すべきであり、誤った歴史認識で国民をミスリードしてはならない」と表明した。

【記者】日本メディアの報道によると、安倍内閣は「憲法や教育基本法に反しない形」での教育勅語の教材としての使用を認めることを閣議決定した。また、日本の教育当局は中学校の体育教育に第2次大戦時の日本兵訓練科目である「銃剣道」を加えることを求め、批判にさらされている。これについてコメントは。歴史問題における日本側の動向に懸念を抱くか。

【華報道官】報道に留意している。日本軍国主義が近代に発動した対外侵略戦争は、中国及びアジア各国の人々に甚大な惨禍をもたらすとともに、日本を完全な失敗へと導き、深い歴史の教訓を残した。現在日本側が戦時中の教育理念と訓練科目の復活を企てていることに、日本側は歴史を大きく逆行させようとしているのではないか、かつての戦争の道を再び歩もうとしているのではないかと疑わざるを得ない。

日本側のこのやり方に、すでに日本国内及び国際社会の平和を愛する人々はひとしく警戒を抱いている。日本側は軍国主義の危険な方向へ再び向かわないないよう、歴史をしっかりと直視し、反省し、歴史の教訓を深く汲み取ると同時に、過去の侵略の歴史と徹底的に一線を画すべきであり、誤った歴史認識で国民をミスリードしてはならない。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年4月6日

関連記事

コメント

最新コメント