2017年4月21日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

上海モーターショー、水素自動車が目玉に

人民網日本語版 2017年04月21日17:04

19日に開幕した上海モーターショーでは、新エネルギー自動車が大きな目玉となっている。従来型のバッテリー式電気自動車のほか、水素自動車も華々しく登場し、多くの人から注目を集めている。環境にやさしく、效率が良く、用途が幅広いのが水素エネルギーの特徴。水素エネルギーは、その特有のメリットを武器に、自動車メーカーがこぞって開発を進める存在となっている。北京日報が報じた。

中国の自動車メーカー・福田汽車の展示コーナーには、水素を燃料として走る水色の燃料電池バス(FCバス、長さ8.5メートル)・欧輝が展示され、多くの人が足を止めて見ている。同社のスタッフによると、「水素を10分注入すれば、最長500キロ走れる。また、零下20度になると自動保護機能が起動し、零下46度になると自動停止するほか、スマート管理システムを搭載しており、人、車、道の一括管理を行う。普通のガソリン車や電動自動車と比べると、同車は、水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使っているため、動力の持続時間が長く、エネルギー効率が高く、走行距離も長くなる。燃料を必要としないため、機械の損耗もなく、発生するのは電気と熱と水だけ。とても環境にやさしい」。

上海モーターショーではさらに、ヒュンダイの水素自動車「FEフューエル・セル・コンセプト」も登場。同車の外観のデザインは自然と水にインスピレーションを得ており、環境にやさしいということを表している。量産化されるSUV「FEフューエル・セル・コンセプト」は2018年に発売される計画だ。

その他、トヨタは世界初の量産化を果たした水素自動車を発表し、BMWも水素自動車の開発に力を入れて、2021年の発売を目指していることを明らかにしている。ただ、水素自動車の現時点での課題は、燃料を注入する施設が少ないことだという。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年4月21日

関連記事

関連特集

コメント

最新コメント

アクセスランキング