2017年6月9日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

上海映画祭で上映予定の日本映画作品発表 先行上映の作品も

人民網日本語版 2017年06月09日16:48

上海国際映画祭で上映される日本映画作品がこのほど発表された。日本国内外で高い評価を受けた作品として、「彼らが本気で編むときは」や「夜空はいつでも最高密度の青色だ」、「家族はつらいよ2」、「キセキ -あの日のソビト-」、「海よりもまだ深く」などが上映される。また、「海辺の生と死」や「二度めの夏、二度と会えない君」、「アリーキャット」などの作品は日本での公開に先がけて上映される。また、ドラマを映画化した「深夜食堂2」、「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」が上映される。人民網が伝えた。

注目されているのは、「深夜食堂2」が上海で中国初の上映となるだけでなく、同映画を手がけた松岡錠司監督と主演の小林薫が映画祭のため訪中し、多くの映画ファンの前に姿を現す点だ。(編集YK)

「人民網日本語版」2017年6月9日

関連記事

コメント

最新コメント