2017年6月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

上海に無人コンビニ登場 実名登録必要、携帯で支払い

人民網日本語版 2017年06月20日08:20

このほど「繽果盒子」という名前の新型コンビニエンスストアが上海の街角に登場した。レジ担当者がいない無人コンビニで、客は品物を選ぶと、決済できるアプリのバーコードやQRコードをスキャンして支払いを済ませる。「北京青年報」が伝えた。

▽実名登録して来店 コードをスキャンして支払い

このコンビニを運営する繽果盒子の賈軍・販売部門副総経理は、「弊社の無人コンビニには中型店と大型店の2タイプがあり、面積は中型店が12.48平方メートル(4.8メートル×2.6平方メートル)、大型店が15.6平方メートル(6メートル×2.6メートル)だ。店内に陳列された商品は一般のコンビニより少なく、主に品質保証期間の長い食品、飲料品、ヨーグルトや日用品を売っている」と説明する。

賈副総経理によると、「お客様が入店する際には、入り口に啓示されたQRコードをスキャンし、ご自身の携帯電話番号と関連づけ、実名登録を行っていただくことが必要」という。

客が入店すると、ドアがロックされて店と客の安全を守る。店内のすべての商品には電子タグがついており、ほしい商品を選んでレジカウンターに置くと、自動的に識別して価格を計算する。客がそばにあるスクリーンで携帯をかざし決済コードをスキャンすると支払いは終わり、ドアが開いて買い物は終了する。賈副総経理は、「何も買わない場合や緊急事態が起きてすぐに店を出なければならない場合は、開錠ボタンを押せば店から出られる」と補足する。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング