2017年6月22日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

1980年にパンダと一緒に日本を訪問した元飼育員

人民網日本語版 2017年06月22日16:06

パンダの写真

1980年、広州動物園のパンダ・珊珊(シャンシャン、メス)と宝玲(バオリン、オス)が福岡動物園に貸し出され、2ヶ月間公開、日本各界や国民の間で人気を博した。広州のパンダが日本を訪問したのはその時が初めてで、今に至るまでその1回限りとなっている。今回、広州動物園を訪問し、当時パンダに付き添って日本の動物園に行った、パンダ館の元飼育員・黄翠蓮さんを取材。福岡でのパンダの生活や、パンダ5頭を飼育したエピソードなどを聞いた。広州日報が報じた。

黄さんによると、福岡動物園は当時、150平方メートルの風通しの良いオープン式のパンダ館を建設した。「公開期間中、飛行機で1時間かかる沖縄から新鮮なダイサンチクやリョクチク、マチクなどを福岡へ取り寄せ、珊珊と宝玲のエサにした」という。

福岡に着くと、珊珊と宝玲はすぐに現地の気候に適応したといい、黄さんは、「広州は暑い。パンダは暑がりで、福岡のほうが涼しいから、パンダはそこがとても気に入っていた」と笑顔で振り返った。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント