2017年6月28日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

敦煌研究院が「仏教研究センター」が開設 世界の仏教交流促進へ

人民網日本語版 2017年06月28日08:31

敦煌研究院・仏教研究センターは26日午前、甘粛省敦煌市の近郊にある仏教遺跡・莫高窟(ばっこうくつ)でプレート除幕式を行った。同センターは中国と海外の学者のために、仏教研究をメインとするグローバル人文学術研究交流プラットフォームを提供するのが狙いで、今後、仏教の理論、歴史文献、仏教文化遺産を結び合わせた学術研究を展開して、中国国内外の仏教、関連学科の学術交流、研究を促進する。中国新聞網が報じた。

敦煌は、古代から東洋と西洋の文化が交わりながら蓄積してきた場所で、仏教はここから黄河中下流域へと広がった。千年にわたり、敦煌は読経、写経のメッカ、仏教の発信地となってきた。長年の研究が積み重ねられ、敦煌では仏教に関する深い研究が行われており、念入りな計画を経て、敦煌研究院は「仏教研究センター」を立ち上げた。

同研究院の王旭東院長は、「当センターが敦煌と世界の架け橋、敦煌学と世界人文科学研究の架け橋となり、人類文化遺産の保護、研究、継承、発揚の面で、大きな役割を果たすことを心から願っている」と語った。(編集KN)

「人民網日本語版」2017年6月28日

関連記事

コメント

最新コメント