2017年8月3日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

インド軍不法越境 中国が立場文書を発表

人民網日本語版 2017年08月03日10:19

外交部(外務省)の耿爽報道官は2日、中国側がインド軍の不法越境で立場文書を発表したことについて記者の質問に答えた。

【記者】中国外交部は2日に文書「インド国境部隊がシッキム地域の中印国境を越えて中国領土に進入した事実と中国の立場」を発表した。中国側がこの立場文書を発表したのはなぜか。なぜこの時期を選んで発表したのか。

【耿報道官】6月18日、インド国境部隊はシッキム地域の中印国境を越えて中国領土に進入した。インド軍は今なお中国の領土に不法に留まっている。事件発生以来、中国側は外交ルートを通じて繰り返しインド側に厳正な申し入れを行い、インド側の不法越境行為を強く非難し、インド側に対して歴史的国境画定条約を遵守し、越境したインド国境部隊を即時無条件にインド側へ引き揚げるよう要求した。これは非常に抑制したやり方だ。だがインド側は過ちを正すいかなる具体的行動もとらず、反対に成立し得ない様々な理由をでっち上げる事で、インド軍の不法越境行為の口実を捏造している。

シッキム地域の中印国境は1890年の「中英会議チベット・インド条約」により画定した、中印両政府ともに確認した既定の国境だ。これは否定することの許されない事実だ。インド側の行動は1890年の条約及びその画定した中印の既定の国境に違反し、国際法の基本原則と国際関係の基本ルールに違反し、中国の領土主権の深刻な侵害であるだけでなく、地域の平和・安定と正常な国際秩序への厳しい挑戦であり、いかなる主権国家も容認できないものだ。

中国側が文書「インド国境部隊がシッキム地域の中印国境を越えて中国領土に進入した事実と中国の立場」を発表したのは、国際社会に対して今回のインド軍越境事件の事実真相をさらに説明し、中国政府の立場を全面的に明らかにすることが目的だ。これは自国の領土主権を守るためであり、国際法の基本原則と国際関係の基本ルールを守り、公正と正義を守るためでもある。是非は自ずと曲直が有り、公道は自ずと人心に在りと中国側は信じている。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年8月3日

関連記事

コメント

最新コメント