2017年8月3日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

海南の「避暑旅行」が大人気 主力は家族旅行

人民網日本語版 2017年08月03日14:10

甘粛省蘭州市からやってきた観光客の王さんは、「この数日間、子供を連れて海南に遊びに来たのは本当に賢い選択だった。景色を楽しめるだけでなく、気候が涼しく気持ちいい。万泉河でボート遊びをしても、七千嶺に登っても、熱帯雨林に行っても、どこも涼しくて快適だ」と話す。新華社が伝えた。

夏になり、全国では高温オレンジ色警報がたびたび発令されているが、海南の夏は雨が多く涼しい日が続く。旅行予約サイト・携程旅遊のサイトをみると、全国が軒並み高気温になる中、「避暑路線」の航空便の人気が高まり、今年の夏は避暑地に大勢の観光客が訪れている。熱帯の海浜リゾート都市・三亜も人気の避暑地の一つだ。携程のデータでは、7月以降の三亜の自由旅行および団体旅行の予約人数は全体で前年同期比55%増加した。

三亜市気象局の柯維耀局長の説明によると、「今年の夏はこれまで三亜の市街地エリアで高気温警報が発令されておらず、最高気温は実測値で35度以下だった。今年の三亜は降水量が多く、雨水が豊富にある。現在、三亜の1~7月の累計降水量は1116ミリメートルを超え、通常の同期平均値の612.9ミリメートルより82%多い。しばしば雨が降り、雨量は多く、海と陸による気候の調節機能がはたらき、今年の夏の三亜の気候は快適で過ごしやすくなっている」という。

三亜市観光委員会の鄭聡輝福委員長の説明によれば、「三亜では今年の夏、プールなど子供連れの家族旅行に適した施設のあるホテルは供給不足で、『家族旅行』が夏休みシーズンの主力商品になっている。大まかな統計によると、大手ホテルでは「家族旅行」の観光客が全体の60%を超え、旅行関連企業も『涼しい夏を、三亜で休暇』の呼びかけに合わせて、さまざまな避暑・レジャーイベントに力を入れ、これにはウォーターアクティビティや熱帯雨林での避暑などが含まれる。各ホテルは「家族旅行」に向けて島嶼でのウォーターアクティビティ、子供向けキャンプなどを打ち出し、観光客の間で人気を集めている。

陝西省西安市から来た李維はこの2日間、2人の子供を連れて三亜海棠湾のホテルに泊まっている。「子供たちはホテルの子供向けキャンプを気に入り、ホテルから出なくても楽しく遊んでいる。また今年の三亜の夏は比較的涼しく、昼間の気温は西安よりも低い」という。(編集KS)

「人民網日本語版」2017年8月3日

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング