2017年8月7日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

中国の宅配便業務は「世界一」、外国人も「中国の宅配便は最高」と絶賛

人民網日本語版 2017年08月07日10:25

中国の宅配便業務は、「1日当たりの取扱個数が1億個の時代に突入」し、市場の規模は2014年以降、世界一をキープしている。中国国家郵政局が先ごろ発表した17年上半期の宅配便業界の統計は、多くの人を驚かせた。今年第二四半期(4-6月)以降、中国ではすでに1日当たりの宅配便の取扱個数が1億個が常態となる時代に突入した。12年は通年で56億9000万個だったのが、16年には312億8000万個まで増加し、今年は上半期で既に173億2000万個に達している。新華網が報じた。

宅配便の業務量が急増しているだけでなく、中国の宅配便はサービスも向上し続けている。例えば、配達にかかる時間は58—60時間で、時間通り72時間以内に配達できた割合は12年の72.4%から16年には75.53%に上昇した。配達距離が1000キロ以下の宅配便の場合、84.62%が48時間以内に宅配を完了している。その他、クレーム率も過去最低となった。上半期、中国全土の宅配便サービスの有效クレーム率は6.6%。前年同期比で3.9ポイント減となった。これをみてもサービスのクオリティが大きく向上していることがわかる。

中国の宅配便が急速に発展していることは、宅配便業界のサービスチェーンが伸び、宅配便市場が規範化されて秩序が保たれるようになってきたことと密接な関係がある。また、スマート端末の活用やサービスの概念のグレードアップなども注目を集め、多くの海外メディアもこぞって絶賛している。

英紙は「デイリー・メール」は2日付で、「無線インターネットを搭載したロボットが中国最大のオンライン小売り業者の倉庫の效率を3倍に」と題する記事を掲載。最近、100台以上のロボットが導入された中国最大の「ロボット倉庫」を紹介した。

同記事によると、中国は世界最大のEC取引市場を抱え、最新の統計によると、中国のEC取引の17年の売上高は世界のオンライン小売りの売上高の半分を占めるようになると予想されている。そして、ロボットを導入することで、EC取引業者の倉庫での仕事や物流の效率が大幅に向上するとした。

しばらく前には効率の良い中国のピッキングロボット「小橙」が世界中で話題になっており、海外のネットユーザーに驚嘆の声をあげさせている中国の宅配便業界におけるロボットの活躍は今に始まったことではない。


【1】【2】【3】【4】

関連記事

コメント

最新コメント