• 珠海航展
2016年11月10日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

超ポジティブな石原さとみに癒し系の新垣結衣 日本の秋ドラマは見所満載 (4)

人民網日本語版 2016年11月10日10:34

朝ドラヒロイン・新垣結衣

新垣結衣も日本ドラマファンに人気の「女神」。17歳の時に「ドラゴン桜」(05年)に出演してブレイクし、19歳の時に映画「恋空」(07年)に出演してからは、「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(06年)、「パパとムスメの7日間」(07年)、「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(08年)などに出演し、ヒット作を次々に生み出してきた。ブレイクしてからここ10年以上、その人気は全く衰えず、今年もまだ28歳という若さだ。

石原さとみが天然キャラの「妖精」であるのに対して、新垣結衣は典型的な清粋派女優。透きとおった水のようなイメージだ。その代表作である「リーガル・ハイ」(12年)では、やさしくて情熱があるものの、世間知らずな一面を持つ黛真知子を演じ、俳優の堺雅人演じる毒舌弁護士に、純粋な正義感を持っていることを揶揄して「朝ドラヒロイン」と呼ばれていた。

新垣結衣が長年「女神」の座に座り続けてきたのは、この全く変わらない純粋な気質の持ち主だからだ。「逃げるが恥だが役に立つ」で、彼女はオシャレなショートヘアを披露し、美しさにますます磨きがかかっている。エンディングでは、新垣結衣は星野源と共にかわいらしい恋ダンスを披露しており、ファンは毎回このエンディングも欠かさず楽しんでいる。(編集KN)

「人民網日本語版」2016年11月10日


【1】【2】【3】【4】

関連記事

コメント

最新コメント