2017年2月7日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

冬の日本ドラマ総ざらい 「キャスト」プラス「高い実用性」(一)

人民網日本語版 2017年02月07日14:53

春節(旧正月、今年は1月28日)前後、日本ドラマの冬シリーズの放送が続々とスタートし、ドラマファンは連休中にドラマ無しで過ごす寂しさから逃れることができた。例年の冬ドラマと比較すると、今年のラインナップは、「豪華なキャスト陣」が目立つ。「高視聴率男」と称される木村拓哉は言うまでもなく、松たか子、深田恭子、波瑠、大島優子など「歴代」の女神が顔を揃えている。十数本の新ドラマが「総攻撃」を仕掛けてくるのに対して、どれを観たらよいのか分からない視聴者いるなら、おすすめドラマの見どころを紹介して差し上げよう。(文:吉媛媛。信息時報掲載)

A 独身脱出の秘伝:

適齢期過ぎの独身だって恐れるに足らず

最も避けたいのは「プロポーズ大作戦」に参加しないこと

独身女性の恋愛・結婚問題は、日本ドラマの永遠のテーマである。結論が、「独り身であっても幸せに生きていける」であれ、「女性の最終的な幸福は、結婚して子供を産むことにある」であれ、この種類のドラマは人気が出やすい。今冬の日本ドラマには、これをテーマとした作品が2つある。いずれも原作の漫画をリメイクしたもので、ドラマに登場するヒロインはともに、「独身から脱出したい」との願望を抱いている。独身者たちは、ドラマから教訓を得て、来年の戌年春節には、他のカップルの仲睦まじさを指をくわえて見ている、ということのないようにしてほしい。

「突然ですが、明日結婚します」

独身脱出講師:西内まりや

「独身脱出」願望に対する日本ドラマのスタンスは、「簡単で雑」だといえよう。フジテレビ系列で毎週月曜午後9時に放送される冬ドラマは、ヒロインの心情を直接ドラマの題名としている。この「突然ですが、明日結婚します」の原作は、宮園いづみが描いた人気漫画で、専業主婦になることを夢見るヒロイン・あすかが、絶対に結婚したくないタイプの人気キャスター・名波竜と友人の結婚式で知り合い、愛情の火花を散らすという設定で物語が展開する。このドラマの新しい視点は、ヒロインが独身脱出を切望しているのは、世間の圧力が原因ではなく、自分自身から湧き出た人生に対する要求であるという点だ。職場では素晴らしい仕事ぶりを発揮するヒロインだが、心からの願いは、平凡な家庭の主婦になることだった。

他の日本の冬ドラマと比べ、この月曜9時枠ドラマは、それほど際立った作品ではない。ヒロインを演じる西内まりやは、主演作品は多いとは言えず、相手役の名波を演じる山村隆太は、テレビドラマ初出演だ。だが、もともと大きな期待を抱いていなかった視聴者は、主役の男女の関係が敵同士から恋人同士へと変化しているプロセスで、雨の中傘を差し出す、寝ぼけてキスしようとするなど、甘いシーンを見て、思いがけない喜びを感じている。このドラマの見どころは、ヒロインが現実的な愛情と差別化した愛情の間で、いかにバランスを取るかを模索するところにある。


【1】【2】【3】【4】

関連記事

コメント

最新コメント