2017年3月31日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>社会・生活

成都:地下鉄車内で飲食・ごろ寝禁止 違反者は罰金最高200元

人民網日本語版 2017年03月31日14:17

一人の乗客が、手に包子(パオズ、具入りまんじゅう)を持って地下鉄に飛び乗った。一息ついた後、その乗客は包子を食べ始めた。濃厚な香りが車内に漂い、それは長い間消えることはなかった。これは27日朝、成都市に住む朱さんが地下鉄を利用した際に出くわした情景だ。彼女は幾度となく、この乗客の行動を注意しようと思ったが、ついに行動に出る勇気がないままに終わったという。華西都市報が伝えた。

「地下鉄の車内での飲食は許されるのだろうか?」-朱さんの疑問に、ついに回答が出された。29日に開かれた四川省第12次人民代表大会常務委員会第32回会議第2次全体会議において、「成都市 都市軌道交通管理条例(以下、『条例』と略)」が審議・通過した。「条例」では、「地下鉄の車内での飲食を禁じる」など、長い間議論の的となっていた様々な問題に対する明確な結論が出された。

〇車内での「ごろ寝」禁止 違反者は罰金50元から200元の対象

「条例」では、都市軌道交通の対象は、「地下鉄・高架鉄道・路面電車」と定義されている。今回通過した「条例」の第39条では、「車内での飲食を禁止する」という明確な規定が設けられた。

地下鉄の車内で飲食を禁じる規定は成都特有のものではなく、他都市の先例に倣ったものだ。南京地下鉄は2014年7月、車内での飲食禁止のルールを明文化したほか、上海・広州・深センなどの都市でも、地下鉄車内での飲食が禁じられている。

マナーを守った外出を規範化し、良好な乗車環境をつくるための条件は、「禁煙」、「ガム・果物の皮・紙くずなどのポイ捨て禁止」、「座席でごろ寝禁止」、「物乞い禁止」、「土足で座席に立つの禁止」、「追っかけ・大騒ぎ禁止」、「楽器演奏禁止」など、飲食禁止以外にもたくさんある。

これらの規定に違反し、改めようとしない者には、50元以上200元以下(1元は約16.1円)の罰金が科される。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント