2017年4月1日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

30年前に日本が撮影した「舌で味わう中国」、当時の生活やグルメ明らかに

人民網日本語版 2017年04月01日14:59

料理をテーマとした中国のドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」が5年前に放送を開始し、中国のグルメや生活を紹介し、中国各地のグルメの実態は多くの人を魅了した。そしてこのほど、30年前に日本が撮影した「中国の食文化」という番組があるネットユーザーによって発見された。同番組では改革開放初期の中国人の日常生活から一般的な家庭料理やトップレベルの料理技術が紹介されており、「民は食をもって天となす(民にとって食べるのは大事なこと)」という角度から、1980年代の中国のちょっと異なる一面が描かれている。同番組に登場するいくつかの料理にいたっては現在ではもう作られていない。北京晨報が伝えた。

「中国の食文化」シリーズは全5回あり、北京、広州、江南(江蘇省、浙江省、上海)エリア、四川などの飲食文化や料理の技術をそれぞれ紹介している。このドキュメンタリーを企画したキッコーマン株式会社は、中国料理には市民が日常的に口にする味もあれば、宮廷の宴会に出てくるような究極の料理もあり、種類が豊富で非常に奥深いものとして見ていた。同番組で選出されたレストランは全て有名な飲食企業のもので、隆福寺の軽食以外には、全聚徳、東来順、■肉宛(■は火へんに考)、豊沢園などの老舗レストランが登場し、それぞれのおすすめ料理を紹介している。1980年代初期、中国では改革開放が始まり、外国人向けの海外旅行ビザが次々に発行された。日本のカメラマンはこのような歴史的背景の下、順調に取材を行うことができた。ちなみに、取材した時期は1985年だ。

キッコーマンは350年もの歴史のある日本の醤油メーカーで、トヨタやソニーと同じく日本の有名企業の代名詞となっている。取材に参加した全聚徳のスタッフは、「このドキュメンタリー番組は当時、日本から中国に向かう飛行機内で放送されていた。中国を訪れる日本人観光客に中国の美食文化を紹介し、彼らに中国の歴史や中国人の生活を理解してもらおうという目的のため」と話した。

ドキュメンタリーの北京編では、北京市民の日常的な食べ物が当時の人々が感じていた素朴な幸せを反映していた。また、かつての隆福寺自由市場や隆福寺軽食店、冒頭の一部では崇文門野菜市場が紹介され、当時の様子に思いを馳せる人も多いに違いない。(編集YK)

「人民網日本語版」2017年4月1日

関連記事

コメント

最新コメント