• 习主席出访芬兰 举行中美首脑会谈
2017年4月5日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

中国とフィンランド・欧州との関係発展に新たな原動力

人民網日本語版 2017年04月05日15:36

中国の習近平国家主席が4日から6日にかけてフィンランドを公式訪問している。習主席にとって国家元首として初めてのフィンランド及び北欧訪問であり、欧州訪問は4年連続になる。これは中国がフィンランド、北欧、欧州を非常に重視していることを存分に示すものであり、中国とフィンランド、北欧及び欧州との関係発展の深化も新たな契機を迎える。(文:張健・中国現代国際関係研究院欧州研究所所長。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

中国・フィンランド両国は伝統的に友好的関係にあり、緊密な上層部交流を行い、政治的相互信頼を強化し続け、実務的かつ効率的な協力を行ってきた。近年、両国関係は一層の発展を遂げた。これは相互再発見・再認識の結果であると同時に、双方の発展戦略の高い符合性、国際情勢の変化が密接に関係している。

現在のフィンランドにとって、中国の重要性は一層際立っている。フィンランド経済は高度に発達し、欧州、さらには世界で独自の存在感を示している。だが世界金融危機及び欧州債務危機の衝撃の下、フィンランド経済は何年も続けて衰退し、2015年になってようやく成長を回復し始めた。現在フィンランドは構造のモデル転換、産業調整の厳しい試練に直面し、経済成長は比較的緩やかだ。欧州が不況に陥り、EU・ロシア関係が膠着する中、フィンランドは貿易、投資、観光を含む中国との一層の経済協力強化を望んでいる。クリーンエネルギー、資源処理、医薬、バイオ、オートメーション、林業といった自国の競争優位産業は広大な中国市場で一角を占めることができるとフィンランドは考えている。中国の「一帯一路」(the belt and road)イニシアティブもフィンランドに全く新たな発展のチャンスをもたらす。

フィンランドは開放型エコノミーであり、安定した包摂的な国際環境を必要としている。世界の不確定性が高まり、保護主義が台頭する中、中国は開放を主張し、世界各国の協力的発展を支持している。これはフィンランドにとって大変貴重なことだ。フィンランド政府は今年初めのダボスフォーラムでの習主席の演説を高く評価した。


【1】【2】

関連記事

関連特集

コメント

最新コメント